TOP > コラム

blog

ダブルブレステッドの歴史

静岡県のテーラー新屋のダイスケです

 

昨年からダブルのスーツが流行の兆しを見せていますね

 

ダブルのスーツというと、年配の方にはバブル時代のアルマーニを代表とするゆったりとしたスタイルの印象を受けると思いますが、今回の流行はどちらかと言えば、英国調のタイトでありつつもドレープ感のあるスーツを多く見受けられます

 

 

そこで、今回はダブルブレステッドスーツの歴史なんかを書いてみたいと思います

 

ダブルブレステッド…あらためて断るまでもなく、衣服の両合わせを二重にし、ボタンを縦二列に並べてつけた型式を、英語ではダブルブレステッド、日本のテーラーでは昔から「両前」と呼んでいます

 

「両前」はもちろん英語のダブルブレステッドの訳ですが、本来は名前の通り、衣服の上前・下前にいずれにもボタンホールが開けられて、風向きなどによって左右どちらにも合わせられる仕組みになっていました

 

そもそも、「ダブルブレステッド」という英語が文献類に見られだしたのは、『ニューカレッジ英英辞典』によれば、1701年ごろのこととされています

 

ということは18世紀のはじめには、すでに存在していたということになります

 

事実、これより30年近く前、1674年ごろ、ダブルブレステッドの原型ともいうべきものが見られたという記録もあるようで

 

 

「ブランデンバーグ」という軍人用の防寒外套がそれで、今日のダッフルコートのように、一種のループ状の飾り紐を用いて、これを下前のボタンに引っ掛けて留める形式のものです

 

いずれにせよ、当初のダブルブレステッドは主に軍人用や乗馬用、もしくは旅行用のオーバーコートのたぐいに採用されていたようです

 

 

これが紳士服の上着やベストのたぐいに採用されるようになったのは、後の1730年代に至ってのことであり、さらにそれらが一般化を見るようになったのは、1780年代からのことのようです…もっとも、上着といっても、当時のそれらは燕尾服のような形が中心で、スーツのような上着はまだ登場していませんでした

 

 

背広型の上着、つまりラウンジジャケットに両前のスタイルが見られるようになったのは、19世紀も半ばを過ぎた1862年ころからとされています

 

最初のダブルブレステッド・ジャケットは、6個ないし8個のボタンを縦に平行して付けたものになっていて、留める側のボタンは残らず掛けて着用されました

 

このタイプの上着を当時はリーファーとかピー・ジャケットと呼んでいたようです

 

リーファースタイルは以後19世紀の末まで流行し、新しい世紀の訪れとともにしだいに廃れていきました

 

 

代わって1903年頃、新しいタイプのダブルブレステッドが現れました

 

4つボタン2つ掛け、ないし6つボタン2つ掛けというのがそれであり、この両者はいうまでもなく、今日の両前上着の基本型となったものであります

 

ついで、1910年ころには、なんと2つボタンの両前方まで現れました

 

 

ダブルブレステッドのタキシードは1921-1922年ころのことらしく、スペインの国王、アルフォンソ13世がフランスの保養地ドーヴィルで着たのがそもそもの始まりで、イギリスでもまもなく当時のファッションリーダーの一人であったコメディアン兼ミュージカル俳優でもあったジャック・ブキャナンという人物が、ダブル型のタキシードの流行に先鞭をつけ、1925年ころから注目を集めだしました

 

 

その後、1930年の半ばにロングターン・ダブルブレステッドが登場し、1990年代バブルのときにはアルマーニ、そして今回の流行へと繋がっていきます

 

以上、長々とダブルブレステッドのことを書いてみました

 

歴史を知るともっとスタイルのことに興味を持つかもっ!?

 

 

静岡県のテーラー新屋は、ダブルブレステッドスーツもお仕立ていたします

 

 

 


ボーラーハットのコーディネート

静岡県のテーラー新屋のダイスケです

 

先日お客様が、ご自身の結婚式で使用されるボーラーハットを英国のジェームスロックから取り寄せたと見せてもらえる機会がありました

 

その際に、帽子の色について質問があったので、今回はボーラーハットについて書いてみたいと思います

 

 

山高帽は、ボーラー(英国)やダービー(米国)と呼ばれ、黒色が普通とされていますが、まれにブラウンやグレーのものもあります

では、黒とその他の色と、どのようにかぶり分けるかについて書いてみます

 

 

英語の表現に”From Hat to Shoes”(帽子から靴まで)というのがあるように、「上」と「下」とでバランスやハーモニーをとるのが普通です

 

したがって黒のボーラーをかぶったなら靴も黒が好ましく、茶の靴をはいてボーラーをかぶりたければ”ブラウン・ダービー”であるほうがよく、ミディアム・グレーのスーツを着た場合のボーラーはグレーまたは黒で、靴はグレー(ただし、スエード)か黒とされています

 

なお、茶系統のスーツに黒のボーラーをかぶって黒靴をはき、クリームのシャツに黒地に茶色のストライプがハッキリあらわれたタイをしめ、黒い手袋をして、黒の傘で握りが茶系というイデタチの写真を40年以上前の英国の服飾雑誌で見たことがありますが、それはとてもスマートだったです

 

 

まぁ、あまり規則に縛られることなく自由にファッションを楽しむべきだと思いますが、基本を知っていると楽しみ方にも幅が広がると思います

 

 

静岡県のテーラー新屋は、ボーラーを中々かぶる機会は少ないと思いますので、ソフトハットに当てはめて考えると良いと思います

 

 

 


ダッフルコートの歴史とディテール

静岡県のテーラー新屋のダイスケです 


昨年はチェスターコートが流行りましたね

そんな中、冬の定番として依然として根強い人気のダッフルコート

先日、お客様からダッフルコートの注文をいただきましたので、今回はダッフルコートについて書いてみようと思います



ダッフルコートのその名の由来は、ベルギーのダッフル(duffel)という町で最初に織られた厚地の玉羅紗地から採用されています 

この生地は今では見ることが出来ないので詳しいことはわかりませんが、18世紀に英国の商人の手に寄って大量にアメリカに輸出されていた物だそうです 

一言で言えば、毛布に近いウールのオーバー地で防寒に加えて防水性もあり、当時さまざまな用途に使われ、特に開拓時代のアメリカで喜ばれたようです


この優秀な生地が北へと伝えられ、北欧の漁師達の手によって用いられた結果、ダッフルコートが作り上げられました

寒風の吹き荒ぶなかで作業するのになによりもこの生地は適当だったでしょうし、彼等がその辺に転がっている「浮き」と漁網用のロープを使って考えたものだろうと、容易に想像がつきます 


ピーコートやトレンチコートのように、打合せを左右どちらにも合わせられる特徴を持ち、フードもついたダッフルコートは、第二次世界大戦中にはイギリス海軍の北海警備において「ネパールダッフル」と呼ばれ、ユニホームとしても採用されました(ネパールダッフルの色はネイビーかキャメルだそうです) 



歴史はこれくらいにして、デザイン上の特徴について書いてみたいと思います 


生地の多くはブランケット地を使用しています

本来は、その名の通りダッフルという生地を用いればよいのですが、現在ではそれが作られていないので、いろいろな文献からも想像するのに、ブランケットに近いように思われますし、実際の商品にもこれが多く使われています 


素材はウール以外にも、カシミアやキャメルといった高級獣毛の入ったものやシャギー調の毛羽立たせたもの、メルトンなどとも相性が良く、タータンツィードの裏地をつけるならばフラノ、中綿を入れるならば、コットンや合繊も良いと思います 


最初に目が行く特徴のあるディテールは、先に述べたトッグル(浮き)ボタンです

本来は、浮きですので当然木製ですが、その後街で着られるようになって以降、ツノ製が多く使われるようになっていきました 

いずれにしても、ヒモによって取り付けられ、『木製にはロープ』が、『ツノ製には重さの関係で厚い皮革製のヒモ』が使われることが多いようです 

取り付け方にも特徴があり、ほつれる関係からロープを使用の時は″タマゴパッチ″と呼ばれる硬めの皮革を卵形にカットしたパッチで縫い付けられ、 革ヒモを使用する場合は、ほつれる心配がないので、端を平行に揃えて、ステッチで縫い付けられています


次の特徴はフードですが、これは直接襟に取り付けるタイプと、襟が付いたうえで、取り外しが出来るようになったものがあります 

フードの大きさや深さなどもデザインによって様々です


第三の特徴は肩当てです

トレンチコートもそうですが、外で作業をするのに、いちいち傘などをさせませんから、雨が染み込み難いように2重にしたものを多く見かけます 


その他の特徴として

袖が、セミラグラン型になっているのは、肩先を丸くするためか、生地の都合だろうと思われます 

ポケットはダッフルコートの多くが1重仕立ての関係で、アウトポケットが多いようです 

スリットまたはベントは、丈によって長ければ開けるし、短ければ開けないでも良いと思います



以上、後半は駆け足になりましたが、ダッフルコートについて長々と書いてみました



静岡県のテーラー新屋は、カシミア素材を使ったロング丈のダッフルコートなどは、学生では似合わない、「大人な」ダッフルコートに仕上がるのではないかと思います



PAGE TOP