TOP > コラム

blog

ユーベル・ド・ジバンシィ

静岡県のテーラー新屋のダイスケです

先日、お客様のお連れの方から最近の口紅は唇のpHによって色味が変わるという話を聞いてパーソナルカラー診断が必要なくなる日も近いのではないかと感じました

その口紅がジバンシィのものだったそうなので、せっかくなので今回はジバンシィについて書いてみようと思います

ユーベル・ド・ジバンシィは1927年にボーヴェに生まれました

ジバンシィが美術学校で学んでいた17歳のとき、彼がそれまでずっと憧れ続けていたバレンシヤガにデザインスケッチを見せようとパリに出てきました

しかし、機会を与えられず、たまたま彼の才能を認めたジャック・ファットの見せにデザイナーとして就職しました

その後、ピゲ、ルロンといった高級婦人衣装のデザイナーを経て、有名なスキャパレリのメゾンの主任デザイナーに就きました

ジバンシィは、このメゾンで働いていた期間が一番長く、丸4年間働きました

後年、このスキャパレリの店の経験を回想して、彼は次のように語っています

私の若い頃からの夢は、バレンシヤガ氏のそばで仕事をすることだったのですが、友人の紹介でマダム・スキャパレリのところで働くことになったのです 

だが、ここで本当のエレガンスを見つけたのです 

そこはまた、真にエレガントな女性に出会ったところでもありました 

マダム・ギネス、ウィンザー公夫人などをはじめ、当時もっともエレガントだったフランスやイタリアの貴婦人たちに会うことができたのです 

これは私にとってすばらしい思い出です 

そして、4年後には私自身のメゾンをもつことになったのです 

残念ながらマダム・スキャパレリは私の独立に不満だったので、私たちは冷たく別れざるをえませんでした 

それでも、私は彼女を敬愛していましたし、彼女のそばで働いたことを大きな喜びと思っていました

1952年、25歳のとき彼がパリのデザイン界で一番尊敬していたバレンシヤガの近くに自身の店を開きました

当時の評価は、バレンシヤガの落ち着いたエレガンスに影響を受けた、同じような作風のコレクションを創作するデザイナーというのがごく一般的な評価でした

このバレンシヤガの死後、同類のきわめて洗練されたこのクチュールがますます完熟していき、パリのファッション業界がプレタポルテ(高級既製服)路線を強化するのと逆行するような形で、そのクチュール性が世界的に評価され、受け入れられるようになっていきました

ついには、1978年にはデ・ドール(金の指貫)賞が贈られました

この賞はパリの伝統的でもっともエレガントなコレクションに贈られるもので、それはそのままジバンシィが80年代のクチュール界に文字通り君臨することを意味していました

※ピエールカルダンはその翌年の1979年に受賞しています

ジバンシィは、洋服をデザインする出発点について、こう語っています

作品の出発点は布地

作品をつくるときには、まず最初の出発点で、布地のことを考えます 

布の重さ、柄、布の生かし方、動き方をみます 

布地は生命を持っているので、布地のいわゆる落ち方がもっとも良い形にいくように務めます 

好きな布というのは特にありません 

しかし、他の布地よりも扱い易い布地というのはあります 

それとは逆に、扱いにくい布を使って、今まで表現されなかった美しいなにかを創ろうとすることが私は好きなのです 

苦労したあとに表現された美しさ、私にとってその喜びはなにものにもかえがたいものです

と、デザインの秘密を打ち明けるジバンシィは一方で

10年前まで、クチュリエがすべきでないことまでやっている人もいます 

その点について、自分が監督でき認めることができ、試すことができ、自分の名前がついても誇りにできるようなものを作れるのなら、ライセンスを引き受けてもいい 

と批判しています

活躍については、オードリー主演映画「麗しのサブリナ」の一部の衣装を担当したり、 メンズウェアライン「GENTLEMAN GIVENCHY」を発表したりなど…詳しい内容はウィキペディアや他のブログを参考にしてください

静岡県のテーラー新屋は、ジバンシィの香水の香りが好きです


子供服のスーツを仕立てる際の参考寸法

静岡県のテーラー新屋のダイスケです

 

先日、子供用マネキンを問屋さんからいただきましたので、時間があればディスプレー用に仕立ててみようと思います

 

洋服を仕立てる際、細かな部分を計って裁断するやり方と、割り出し寸法でサイズを求めるやり方があります

 

私たちテーラーが使っている割り出し寸法は大人用に設定されており、あまりにも標準から外れると使用出来ません、なので、子供用の服を仕立てる際は細かく寸法を測って実寸で仕立てます

 

Googleで子供の参考寸法を調べてみましたが、子供用スーツを仕立てるには寸法が足りない感じがしました

 

 

そこで、今回は子供の入学式に自分で洋服を作ってあげたいという人がいるのではないかと考えて、平均的な参考寸法を書きたいと思います

 

まず注意しなければいけないことは、成長期の子供の体型は、一般的に反身体(そり身)が多く、丸みをもっています

 

そして、胸囲と腰囲の差寸が大人と比べると少なく、準肥満体をイメージして作ると良いと思います

 

 

6歳

7歳

8歳

身長

115

121

126

着丈

46.5

49

51.5

背丈

27

28.5

30

袖丈

37

40

42

頭まわり

54

54

55

首まわり

31

31.5

32

胸囲

60

62

64

腰囲

54

56

58

尻囲

62

64

66

腕まわり

23

23.5

24

股上

21

21.5

22

股下

47

50

53

 

これらの寸法には指2本を入れて、約1センチのゆるみを入れてあります

 

 

裁断する際には、胸まわりと尻まわりに14センチほどのゆとり量を加えると具合が良いかもしれません

 

肩下がりは68〜70度を基準として、体型によって微調整すると良いと思います

 

襟みつ幅は7歳なら7.5センチ前後、高さはみつ幅の1/3で良いと思います

 

 求め方は

1.首周り寸法にワイシャツの外回り分のゆとり量1.5~2センチ加え円周とします(下に襟の無いものを着用する際は必要ありません)

31.5+1.5=33

 

2. 円周=直径x円周率なので、半径≒みつ幅の求め方は円周/2π(πは近似値3とします)

33÷6=5.5

※製図をする際、1/6という割り出しが出てきた場合は、その寸法の半径をイメージすると良いと思います

 

3.襟みつ幅が出たが、実際の首は楕円で縫込みも必要なので調節量1.8~2.2センチ程度を加えます(今回は2センチとします)

5.5+2=7.5

 

こんな感じで求めています

大人の場合は1/6Bや1/8Bで求めることが多いですが、上記の方法は実寸を利用しているので子供にも使え、また胸周りに比べて首が太い人などに利用すると良いと思います

 

 

参考にしてください

 

 

静岡県のテーラー新屋は、子供に服を作ってあげるお母さんを応援しています

 

 

 


スーツのフロントカットについて

静岡県のテーラー新屋のダイスケです

今月は待ちに待ったボーナス月ですが、何を買うのかお決まりですか?

もし、スーツを購入する予定でしたら、今回はフロントカットに注目して探すと面白いかもしれません

 

メンズ雑誌では、頻繁にスーツのディテールの紹介がされています

たとえば、Vゾーン深さや、ラペル(下襟)の太さとカーブ、ゴージライン(上襟と下襟のつなぎ目)の角度と上下、肩から袖にかけてのシルエットなど、案外スーツは様々な表情を見せてくれます

 

しかし、ディテールにとって重要な要素の一つであるにもかかわらず、あまり紹介されていないのが、フロントカットです

 

 

そこで、今回はスーツの表情の一つ「フロントカット」について書いてみたいと思います

 

フロントカットとは、ジャケットの前端線と裾線を結ぶ、繋ぎの曲線であり、その線に味わいが出るか出ないかは、その他のあらゆる曲線にニュアンスがあらわれるか現れないかにも通じてきます

 

スーツの上着の前裾のカットは

1. 国柄

2. 流行

3. 好み

によって「表情」が変わってきます

 

3は別として、今回は1と2について書いてみたいと思います

 

 

まずは、お国柄

 

最近はネットも発達しボーダレスの時代なので一概には言えませんが、しかしながら昔から日本のテーラーでは

 

イギリスの服は小丸、アメリカは大丸、フランスは小丸、イタリアは大丸

 

が多いと言われています

 

小丸と大丸の違いは、小丸は途中で一休みして描いた曲線であるのに対し、大丸は一気に描いた曲線であるといった違いで、それにカーブの強さが加わります

 

よって、同じ小丸でもイギリスは直線的、フランスは曲線的と異なるように、アメリカの大丸とイタリアの大丸とも異なります

 

私の感覚では直線的だと保守的や男性的に、曲線的だと柔らか、モダン、優雅などに感じます

 

それでは日本はどうかと言うと、これもお店によって違いますのでイメージ的なものですが

日本の服は中丸が多く中庸で、日本の小丸は中丸に近い小丸で、大丸も中丸に近い大丸なのではないかと思います

 

 

上着の開き具合は同じにして、私が感じる国別のフロントカットのイメージを描いてみました

image1

 

 

とは言っても、最近はこれらのことはまったく当てにならなく、コレクションなどを見てもイタリアのZegnaが英国調だったり、イギリスのHardy Amiesがフランスっぽいフロントカットをしていたりします

 

Zegnaの英国調のフロントカット

Zegnaの英国調のフロントカット

Brioniのイタリアらしいフロントカット

Brioniのチェンジポケット付きだが、イタリアらしいフロントカット

両写真とも、Style.comの2015年秋冬コレクションより

 

 

続いて流行についてです

 

街を歩いていて、最近よく見かけるのはボタンから端までの距離(打ち合わせ)が短く、2つボタンの下のボタンの位置から大きく開いているものをよく見かけます

image1 (1)

 

流行なので良い悪いはありませんが、注意しなければいけないのが、恰幅がよい方はお腹が目立ってしまうので、避けたほうが良いかもしれません

 

では、お腹の出た方はどのようなジャケットが良いかと言うと、ボタンから前端までの打ち合わせが深いもので、フロントカーブが緩く重なり気味で、フロントラインがお腹を包んでくれるものを選ぶと、目立たなくて具合が良いと思います

 

 

簡単にですがスーツの表情の一つである、フロントカットについて書いてみました

 

 

静岡県のテーラー新屋は、お客様の好みによって、フロントカットもしっかりと意識して裁断しています

 

 

 


PAGE TOP